​振付コラム

Choreo+Column

継続できる人は自分を上手に甘やかせる人?筋トレ・ストレッチ習慣で自分にいいねボタンを押そう



「ダンスが上手くなるために、筋トレしなきゃ、ストレッチしなきゃって思うんですけど、続かないんです。」

ダンスを教えていると、生徒さんからこんな相談を受けることがあります。


前回の記事「筋トレ・ストレッチ習慣で身体を変えたい!3日坊主にならず継続するコツ」では、何か継続したいことがあるとき、どんな考え方をすればいいか、どうやって時間を確保すれば良いのか、そんな内容をお伝えしてきました。



前回の記事

筋トレ・ストレッチ習慣で身体を変えたい!3日坊主にならず継続するコツ

を読む




でも、人間は感情の生き物です。

いくら頭で「こうするべきだ」とわかっていても、「これで目標を達成できる」とわかっていても、なかなか行動に移せない。

そんなときもあると思います。



今回は「何かを継続して努力したいとき、自分の心とどう向き合ったらいいのか」をテーマにお話ししていきます。

筋トレやストレッチなど、身体作りの事例を主に取り扱いますが、「何をやるか」より「どうやって続けるか」にフォーカスしてお話しするので、「勉強や読書の習慣をつけたい」といった方にも、きっとヒントがあると思います。








◆題して「筋トレ=歯磨き化計画」


突然ですが、あなたは毎日歯磨きをしますか?

歯磨きをするとき、どんなことを考えますか?


厚労省の調査によれば、1日に1回以上歯を磨く人は、98.2%にのぼるそうです。

きっとこの記事を読んでいるあなたも、回数はともかく、毎日歯を磨いていることでしょう。


では、歯を磨く前、歯を磨いているとき、どんなことを考えますか?

なぜあなたは歯を磨くのでしょうか?



歯を磨く理由はいろいろあるでしょうけれど、大きな理由は「虫歯になりたくない」ということだと思います。

毎日歯を磨けば→虫歯にならない」ということですよね。


でも、それは本当ですか?

毎日一生懸命歯を磨いていたのに、気づけば虫歯が出来ていた…なんて経験は、多くの人がしていることでしょう。





もうひとつ聞きます。

「虫歯にならないために、老後に健康な歯を残すために、今日も歯磨きをしよう!」と、毎日必ず考えて歯磨きをしていますか?

どうしても歯磨きがめんどくさい!という日には、そんなことを考えて奮起するかもしれませんが(笑)

毎日毎日、それを考えながら重い腰を上げて、無理やり歯磨きをしているわけではないはずです。



「やるべきことだから」「習慣だから」「やらないとなんとなく違和感があるから」「口がすっきりするから」

日頃はそんな理由が大半だと思います。



そして、ここからが大事なのですが、

「今日も歯磨きができた」という、とっても小さいながらも、毎日「達成感」が生まれていると思います。結局1年後に虫歯になってしまったとしても、毎日の歯磨き自体が「達成できたこと」にカウントできているはずです。


つまり「虫歯にならず老後に健康な歯を残す」という、長期的な目標が達成できるかどうかに関係なく

「歯磨きをすることそれ自体」が達成ポイントになっている。

ということですね。



これと全く同じことを、筋トレやストレッチなど、あなたが習慣化したいことで当てはめてみてください。


「体力をつける」という結果を達成できるかどうかに関係なく、「有酸素運動をすること自体」を達成ポイントにする。

「スタイルが良くなる」という結果を達成できるかどうかに関係なく、「筋トレすること自体」を達成ポイントにする。

ということです。


ぜひあなたも、あなたの達成したいことで、この文章を作ってみてくださいね。











◆自分で自分にいいね!ボタンを押す


「達成ポイント」や「達成感」という言葉を使いましたが、さすがにちょっと大げさですよね。

「たしかに毎日歯磨きしてるけど、そのたびに達成感を味わってるわけじゃないし…」と思っていると思います。

…私もそう思います(笑)


とはいえ、「歯磨きしても虫歯になっちゃうかもしれないんだから、あんまり意味ないことしちゃったなぁ…m(__)m」とも思っていないと思います。

そこにあるのは、どちらかというとプラスの感情ですよね。



そこでこの「達成感」を、もう少しライトに捉えてみましょう。

そうですね、「こころの中の、自分だけの、♡いいねボタン」って感じでどうですか?(笑)


皆さんは毎日、歯を磨き終わると「自分だけの♡いいねボタン」を押しているわけです。


筋トレも、ストレッチも、ランニングも。

いかに「自分だけの♡いいねボタン」を沢山押してあげられるようにするか。

これが最大のポイントです!


ちょっとできた!

今日も「自分に♡いいね」!

をたくさん出来た方が、ハッピーに過ごせると思いませんか?











◆「毎日必ず30分」は禁句!?厳格に決めてしまうデメリット


習慣つけるためには、とにかくたくさん「自分に♡いいねボタン」を押せる機会を増やしてあげるのが近道。

これはここまでお話ししてきた通りですが、裏を返せばこれは、「自分で自分にBADボタンを押す機会を、なるべく減らす」ということでもあります。


筋トレ習慣→いいねボタンがもらえる!

という関係性を、とにかく脳内に繰り返し擦り込みたいのです。

だから、

筋トレ習慣→BADボタンが押される…

というのは悪なんですね。


「せっかくの決めた良い習慣なのに、BADボタンなんか押さないよ!」とお思いでしょうが、本当ですか?



「毎日ストレッチしようと思ってたのに今日は休んじゃった」

「30分やるのが目標だったのに、10分しかできなかった」

こんな風に、「ずーーん(´・ω・`)」となった経験、きっとあるはずです。

いや、もし一度も無いんだとしたら、今頃この記事を読んでないですよね(笑)


こういった思いも全て「BADボタン」を押していることになります。



「休んじゃった」ということは「昨日まではできてた」ってことなんだから、そのできてたことに「いいねボタン」押しましょうよ!

「10分できた」んだから凄いじゃん!いいねボタン押しちゃおうよ!

と、声を大にして言いたいです!


「毎日必ず30分」なんて言葉を自分に課しているなら、今すぐ辞めましょう。

「必ず」とつけると、出来なかったときに自分を責めちゃうから。BADボタン押しちゃうから。

「毎日30分、やれたらいいな♡」くらいでどうですか?


目標設定の厳しさよりも、「少しずつでも前に進んでいること」「いつの間にか1年継続できていること」の方が、よっぽど価値あることなのです。










◆「習慣負債」を貯めない


仮にあなたが「毎日10分ストレッチをしよう」と決めたとします。

でもある週、たまたま忙しい日が重なって、月曜日から木曜日が一日もできませんでした。

今日は金曜日。あなたならどうしますか?


①1日10分なんだから、今日も10分だけやろう。

②4日連続休んじゃったんだから、今日は50分やろう。


どちらを選ぶ人も居るでしょうし、どちらでも間違ってはいません。

でも、筆者のオススメは①です。


これまでも書いてきたように、習慣をつける、続けるコツは

★自分にいいねボタンを押せる回数を増やす

★自分にBADボタンを押す回数を減らす

このふたつです。



②を選ぶと、少なからず「BADボタン」を押してしまうことになります。


「毎日ストレッチをするという目標を【守れなかったから】罰として50分やる」

これが②の真実です。

でも心は、残念ながらこのように正しくは理解してくれません。


心に残るのは

「ストレッチ=罰」

という、モヤモヤしたネガティブな感情です。


少しでもネガティブな感情があるものを、続けようと、人はなかなか思えないもの。

「できなかった過去」に捕らわれないことで、「続けたいと思える未来の自分」を救うことになるんですね。










◆習慣を制す者は「上手に自分を甘やかせる人」


習慣をつけるコツは

★自分にいいねボタンを押せる回数を増やす

★自分にBADボタンを押す回数を減らす

このふたつだと、何度も書いてきました。


これは要するに、「自分を上手に甘やかせる人」だと言い換えることができます。

自分の出来たことに目を向けて、その努力を認めたり、適切なご褒美をあげたりできる人です。


「上手にムチを打てる人」ではなく、「上手にアメをあげられる人」になってください。


幸せに何かを達成できる人は、きっとそんな人です。








みなさまが思うように習慣を操れる人になりますように☆






  • Grey Twitter Icon
  • Grey YouTube Icon
  • Grey Instagram Icon

振付師うぽる総合ウェブサイト

Choreographer upolu Website

http://upolu.in

©2015-2020 by upolu.